水耕栽培で 植物の生命力の魅力探検

イチゴ(あきひめ)栽培層2号で育成

イチゴ(あきひめ)栽培層2号で育成

2008/10/18
自作栽培層No.2(プラコップ、バーミキュウライト使用)にイチゴ(あきひめ)を植えつけます。

水耕栽培にならすため、苗の土をきれいに落とし水道水の中に一晩つけておきます。
前もって、底から側面に5mm径の穴を適当に15ヶ所位あけたプラコップの底にバミキュライトを4~5cm位敷き、その上に苗の根を広げて、さらにバミキュライトを入れます。
イチゴ苗の成長点に注意してぎりぎりの高さまで、バミキュウライトをいれます。

自作栽培層2

コップの底面 1/4位つかる状態まで、1/1000に薄めたハイポニカA液、B液、EM培養液を入れて植えつけた状態です。

2008/10/21
10/18植付けたぶんです。
落ち着いたようです。ほっとしています。
自作栽培層3

2008/10/28
だいぶ根が発育しているのが見えます。 
自作栽培層4

2008/11/6
自作栽培層5

itigo1

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional