水耕栽培で 植物の生命力の魅力探検

青帝チンゲンサイの植付け

青帝チンゲンサイの植付け

2008/10/14
青帝チンゲンサイの植付けです。
まず栽培層になるバーミキュウライトを約1cm厚位に、トレーに敷いて、液肥ハイポニカを、苗の植付け段階なので、1000/1濃度
1LにA液、B液各1cc、それにEM培養液を1ccの割合で混合し、
バーミキュライトがひたひたになる位、そそぎます。
植付け1

プラコップの底に22mm径の穴を開けます。
さらに側面にも、適当に、10mmぐらいの穴を4ヶ所ぐらい空けます。
植付け2

苗を培地のまま、根をいためないように、プラコップの底の穴から2~3mm出して、
バーミキュライトを、底から出ている分だけ、堀り、プラコップを
安定させます。
植付け3

栽培層に植え付けた状態です。
植付け4

2008/10/17
苗が軟弱になったらと思い、今日は日光浴です。
植付け5

2008/10/19
間引きです。
植付け6

青帝チンゲンサイの育成へ
青帝チンゲンサイの育苗へ

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional