イチゴの苗つくり

イチゴの苗づくり

2009/06/15
イチゴのランナーがいっぱい出ていますので、そろそろ
来期向けの苗つくりをしなければいけません。
培養土に例のパーム用土をあく抜きしたのと、川砂とを約
5:5の割合で混ぜあわせたのを準備しました。
イチゴの苗づくり1

ランナーの先の葉っぱが出ている部分を培養土にしっかり押さえ込んで、大き目のゼムピンをカットしてU字形にしたので抑えます。
新しいのは滑りますので、水につけて錆びたのを使っています。
イチゴの苗づくり2

この後たっぷりの水を入れて、乾かないよう気をつけて、
10日もほっておけば、培養土にしっかり根を張ってきて、成長のいいのは次のランナーがでてきます。
必要なら、これも培養土に差し込めば、これの繰り返しで苗がたくさんできます。

paipusaibai1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする