自作栽培層

自作栽培層

自作栽培層1号、2号

自分で、水耕栽培用の栽培層が出来ないかと考え、材料をそろえました。
栽培層も二種類作りました。
栽培層に、バーミキュライト、ボラ土を使う方法と、
プラコップにバーミキュウライトを入れ、苗を固定させ、後は
液肥のみの二種類です。
1号はバーミキュライト、ボラ土を使うタイプです。

jisakusaibaiso_1
排水穴付近です。
jisakusaibaiso_2

バーミキュライト、及びボラ土を入れます。
jisakusaibaiso_3

ほぼ完成です
後は液肥を入れるだけです。

jisakusaibaiso_4
実際にはまだまだ、改良点がたくさんあります。
仕切り版にプラスチックの1mm厚では、たわむとか、仕切りを固定するのに木片で止めるつもりが、液肥を入れると浮き上がってしまうとか、排水穴の止めが、少しずつですが漏れがとまらないなどの問題点があります。
さらにハイポノカ農法でいう、
液肥と酸素を送る流動性及び温度管理に問題があります。
ここは、結果を見ながら徐々に改良したいと思います。

2号は
プラコップにバーミキュライトを使い、あとは液肥のみのタイプです。

jisakusaibaiso_5
構造的には簡単です。というかなんにもありません。

jisakusaibaiso_6

材料

  • 液肥を溜めるBOX
    IRISのいしょう整理ケース CF-730 幅45CMX奥行73CMX高さ24CM
  • 栽培層を作る仕切り板
    1mm厚のプラスチック板 90CMX75CM(額縁用のプラスチック転用)
  • 栽培層
    バーミキュウライト 10LX3袋
    霧島ボラ土        1袋
    プラコップ 420mL    6ヶ
  • 液肥の水位を見る浮き
    釣具店で買い求めました。 トップラッパ式 27CM
  • 浮きが入るパイプ
    水道パイプ VP13
  • 排水用の穴止栓
    戸あたりクション ポリウレタン15.9mm径X10.1mm高さ

材料費は2ヶ分で、¥4,271です。
穴あけ加工とかに、3日ぐらいかかりました。

イチゴ(アイベリー)栽培層1号で育成へ
トップへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする